秋に向けて睡眠改善を意識しよう

夏はあっという間に過ぎて、季節はもうすぐ秋になります。秋といえば、「秋の夜長」ということわざがありますね。「夜長」とは夜が長いことを言い、特に秋の9月~10月の時期を指して使われます。そこで「秋の夜長」は秋が深まるにつれて、夜が長くなっていることを言います。

そんな「夜長」の秋、実は乱れた睡眠習慣を改善して、睡眠力を高める一番良い季節と言われています。

 

 

・安定な気候で睡眠改善のチャンス

夏は気温が高いため中々眠れない方や、寝苦しくて途中で起きてしまう方は少なくありません。一方、冬は逆に体が冷えてしまい、朝起きても「寝足りない」感があります。その真ん中に挟んでいる秋は、気候が安定しているので、睡眠改善に適した季節と言われています。

 

・本能的に眠る時間が長くなる

「秋の夜長」と言われるように、昼がだんだん短くなり、日照時間も少しずつ短くなります。このことによって、睡眠と覚醒を切り替えてくれるスイッチとなる、「メラトニン」という睡眠ホルモンが出やすくなり、睡眠時間は長くなります。

 

・食欲の秋で睡眠力をup

秋と言えば「食欲の秋」ぐらい、食材も豊富です。前文が述べたように睡眠と覚醒のスイッチとなる「メラトニン」という睡眠ホルモンは、心身をリラックスできる「セロトニン」という物質からできます。また、その「セロトニン」はお肉や魚類、卵、乳製品、大豆製品などに含まれてアミノ酸の「トリプトファン」が材料です。バランスよく食事を取ることで、睡眠力upにもつながります!

 

せっかくの睡眠を取りやすい季節です。ぜひ積極的に「睡眠の秋」を楽しみましょう!