現代人に起こりがちな夜型生活・睡眠不足

現代人の睡眠時間の短縮傾向は、24時間営業のお店の普及やインターネットや携帯電話(スマートフォン等含む)の発達などにより、いつでも仕事や取引ができる環境になってきたことなども、影響しています。寝る直前までこれらを使用していることも多いようです。

人間は朝、日の光を浴びると目が覚めます。しかし、携帯電話などで使われている青色の光は、特に眠りを妨げることが知られています。床に就いてもなかなか眠れない人は、1時間前くらいから強い光を避け、難しいことを考えず、のんびり過ごすと、入眠しやすくなります。