正しい口臭予防の仕方

  • ・口臭になる原因のほとんどは口汚れ?!

口臭になる6割の原因は口汚れと言われています。唾液や食べ物のかすに含まれるたんぱく質が口腔にある菌によって分解・発酵されたことにより発生しています。その過程中に生まれた細菌は歯に付いて歯垢(プラーク)になり、舌に付いて舌苔になり、うがいだけでは取れない頑固な汚れになります。歯ブラシや舌専用ブラシでしっかりオーラルケアして、口臭を予防しましょう。

 

  • ・口臭を予防するポイント

 

  1. 舌の掃除

歯磨きは一般的に毎日やることになっていますが、舌の掃除はまだ重要視されていないです。しかし、舌の表面には細かい突起があり、食べガスなどが溜まり、実は細菌の温床になりがちです。うがいだけではなかなか取れない、舌に強く付着しているため、舌を直接掃除しないと、後で大変なことになる可能性があります。ゆえに、舌ブラシを使用し、1日1回で丁寧に舌を掃除することが非常に大事です。また、舌は非常にデリケートな組織なので、力を入れすぎることにはご注意ください。

 

  1. 正しい歯磨きで歯垢を除去

口臭はもちろん、虫歯や歯周病の原因にもなる原因の一つは歯垢(プラーク)です。歯の表面や歯と歯茎の境目、歯と歯の間に付着していて、1mgにつき約1億以上の細菌が住み着いています。毎日のブラッシングや補助道具などによる歯間ケアを徹底することが大切です。歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢を除去しきれませんので、デンタルフロスの併用もお勧めします。

 

  1. 歯のホワイトニングも有効的

歯の清掃はもちろん、実は歯を白くするためのホワイトニングにも口臭ケアに役立ちます。ホワイトニング中で使われるジェルや薬剤には掃除剤や歯垢を分解する薬用成分が配合され、着色汚れを落とすことや汚れの付着することにも効きます。白く美しい歯を保つと同時に口臭予防の効果も期待できます。

 

 

  • ・やり続けることで美しい口元に

口臭ケアを毎日コツコツ続ければ構内環境が整い、口臭を根本的に予防できます。

積極的に口腔環境を改善して、より美しい口元になりましょう。