季節の変化に負けない!秋の生活3つのポイント

秋が深まる10月は、9月より日中と夜の寒暖差が激しくなるため、体調を崩す方は少なくありません。さらに、「食欲の秋」になっても夏バテを引きずったまま食欲が戻らない方や、倦怠感を感じる方も多くなってきております。

今回は秋の生活上、3つのポイントを説明します。生活習慣を見直し、体調管理を万全に、元気で健康な体を作りましょう!

 

  • ・食事はバランスよく取りましょう!

健康な体を作るには栄養バランスのよく取れた食事は欠かせません。厚生労働省と農林水産省では、植物の栄養素を分類し、万遍なく取ることでバランスのいい食生活を送るように促しています。また、策定された「食事バランスガイド」は、自分の食生活を見直すために1日にどんなように食べたらよいのかを示しています。

詳しくはこちら

また、食欲不振で食事を抜いたり、簡単で済ませたりする方が少なくないですが、1日3食をできるだけ決まった時間に取りましょう。

 

  • ・乾燥対策で喉の「うるおい」を意識しましょう!

秋~冬は空気が乾燥しているので、通常より乾燥しやすくなります。肌の乾燥はもちろん、喉の乾燥は風邪やインフルエンザ、その他の病気の原因と言われて、常に潤いの意識をしなければなりません。

喉のうるおいを維持するために、いくつの方法があります。

  1. 水分補給で喉を潤う
  2. 潤いを保つマスクを着用
  3. 殺菌作用のある食材を食べる
  4. 保湿力の高い口腔ケア製品を使う

 

  • ・倦怠感の正体は自律神経の疲労?解消のポイントは睡眠!

どんなに休憩を取っても疲れはなかなか取れない、辛くて重い倦怠感を感じませんか?その疲れの正体、実は自律神経に溜まった疲労かもしれません。その自律神経の疲労を回復する上で、最も簡単にでき、重要な疲労解消法は良質な睡眠を取ることです。

当サイトでは、睡眠に関する記事もいくつ紹介していますので、ぜひ合わせて実践してみてください。また、どうしても睡眠をうまく取れない時は、機能性食品やサプリメントなどのご活用も効果的です。