健康は歯のケアから

日本人の歯の寿命は意外と短い!?

健康的な食生活を維持するためには、80歳までに自分の歯を20本以上保つことが重要です。しかし、現在80歳の平均歯数は13.9本、20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%とうい数字になっています。日本人の平均寿命が延びる一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。

歯周病に気をつけよう

日本で歯周病で歯を失う人が増えてきており、高齢になるほど、歯周病で歯を失う比率があがります。
歯周病は、歯を支えている歯肉やあごの骨が徐々に弱っていく病気です。正しいケアや治療をせずにしていると、やがて抜歯するはめになります。

 

歯周病とメタボリックシンドロームの意外な関係

歯周病は全身の病気ともつながっています。
近年の研究から、歯周病によって噛む機能が低下すると肥満になりやすい、歯周病菌が血管に入ると血糖値をコントロールするインスリンの働きが悪くなり、糖尿病を悪化させる、逆に肥満や糖尿病の人は歯周病を発症しやすく、しかも重症化しやすいなど、相互に影響し合いながら、互いを悪化させることがわかってきたのです。 歯周病を予防して歯と体の健康を保ちましょう!