体温と睡眠の関係

人間の深部の体温は、副交感神経が優位となる夕方から早朝にかけて徐々に下がります。体温が下がってくると、心身は自然と休息モードに入り、眠くなります。しかし入浴直後などで体温が高いままだと、なかなか寝つけないことになります。床に就く2時間くらい前までには、入浴や運動など体温が上がるかつどう行動をすませるといいでしょう。