お茶の「ほっとする味」の正体はテアニンだった

テアニンとは

テアニンは玉露や抹茶といったお茶に多く含まれる成分。お茶にはアスパラギン酸やグルタミン酸など数多くのアミノ酸が含まれていますが、そのなかでもっとも多いのがテアニンで、全アミノ酸の約50%を占めています。お茶のうま味や甘味は、テアニンによるものと言われています。テアニンには、気持ちを落ち着かせリラックスさせる効果があります。お茶を飲むと気分が和らぐ、これはテアニンのおかげです。

テアニン化学式

抗ストレス作用とリラックス作用があるため、不安やなどで夜寝付けない人は摂りたい成分です。摂取から30~40分ほど経つと、リラックスを表すα波が発生し自律神経の反応を穏やかにします。寝る1時間ほど前に摂取すると効果的かもしれません。テアニンを摂取して睡眠をとったところ、途中覚醒の改善や寝起きのすっきり感が増したという報告がされています。さらに、テアニンには抗うつ効果があるとも示唆されていることから、睡眠の質の改善だけでなく、日中の気持ちの浮き沈みも抑えてくれる効果が期待できます。

画像2
画像3

抗ストレス作用とリラックス作用があるため、不安やなどで夜寝付けない人は摂りたい成分です。摂取から30~40分ほど経つと、リラックスを表すα波が発生し自律神経の反応を穏やかにします。寝る1時間ほど前に摂取すると効果的かもしれません。
テアニンを摂取して睡眠をとったところ、途中覚醒の改善や寝起きのすっきり感が増したという報告がされています。さらに、テアニンには抗うつ効果があるとも示唆されていることから、睡眠の質の改善だけでなく、日中の気持ちの浮き沈みも抑えてくれる効果が期待できます。

画像4

どんな人が摂るべきか

プレゼンやスポーツなど 集中力を高めたい人プレゼンやスポーツなど 集中力を高めたい人
仕事や勉強で集中力を高めたいとき、プレゼンやスポーツの試合など「ここぞ」という本番にのぞむとき、テアニンは力強い効果を発揮してくれるはずです。

寝つきの悪い人、寝起きの悪い人に
睡眠の質を改善する効果がありますので、寝つきの悪い人、熟睡できず夜中に何度も目が覚めてしまう人、寝起きの悪い人などにおすすめです。

PMS、更年期障害、女性特有の悩みにも
テアニンのリラックス効果は、PMSや更年期障害など女性特有の悩みも解消します。精神的な不快感を緩和するだけでなく、頭痛や腰痛などを軽減するなど身体的症状の改善にも役立つことがわかっています。

髪の痛み、ファンデーション選びに困っている人
髪の傷みが気になる人や、ふんわり薄づきで落ちにくいパウダーファンデーションを探している人は、テアニン配合のヘアケア・スキンケア製品を試してみてはいかがでしょうか。
テアニンは、茶葉を生産するチャノキとごく一部の植物だけに含まれる特有のアミノ酸で、発見当時のお茶の学名“Thea sinensis(テア・シネンシス)”にちなんで“Theanine(テアニン)”という名前がつけられました。